平家住宅のメリットとデメリットは?平家で建てて後悔しないための注意点を紹介!

平屋は日本に昔からある建築様式ですが、人口が都市に集中するようになり、敷地が狭いために平屋建ての家に住む人は少なくなっています。

しかし、近年、新しいライフスタイルを求めて、郊外に家を建てることを考えている人の中で、平家を検討している人が増えてきています。

平屋住宅は、2階建てや3階建ての家と比べて、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。平屋住宅の間取りや構造では、どのような点に注意すれば良いでしょうか。

この記事では、平屋住宅のメリットやデメリット、建築費や間取りのポイントについて紹介します。

平屋住宅の特徴と需要

平家住宅」とは、2階建てや3階建ての家ではなく、1階部分のみの住宅を言います。

近年、平屋住宅が注目され始めた背景に、高齢化社会があり、歳をとっても自分の家で快適に暮らしたいと考える人の、一つの魅力的な選択肢となってきています。

足腰が弱って、階段の上り下りが困難になってきた時でも、自宅で生活しやすい環境がそこにはあります。

また、シニア世代だけでなく子育て世代でも、郊外でのびのびと子供を育てたいと考える人も、平家住宅に注目しています。平家のような家づくりは、家族が一体感が味わえるような、生活空間を作りやすいためです。

ヒートアイランド現象からの脱出、テレワークの広がり、新幹線をはじめとする交通機関の拡充など、郊外に新居を構えることも現実味を帯びてきました。都心では考えられない広い敷地で、ゆったりと暮らすには、平屋住宅は魅力的な選択肢となっています。

平屋住宅のメリット

平屋住宅はシンプルな構造で、高い天井や広い開口部をつけることができ、外へと広がる明るい住居環境を作ることができます。

リビングにテラスやウッドデッキをつけて、庭へとつながる間取りにすれば、四季折々の自然が身近に楽しめます。

庭に面した明るいリビングは、自然との触れ合いを大切にしたい子育て世代に魅力です。

それでは、もう少し具体的に、平屋住宅のメリットについてみてみましょう。

階段の上り下りがなく高齢になっても住みやすい

2階建ての場合は、1階がリビング、2階が寝室になっていることが多く、食事や入浴など日々の生活で、階段の上り降りが発生します。

平家の場合は足腰が弱っても、日常生活で階段を上り下りする必要がなく、高齢になってからも安心して暮らせます。

高齢になると階段の上り下りが負担となり、「歳を取ったら、2階が物置になった」と言う声を聞くほどです。

家を建てるにあたり、一生住むことを考えると、階段を昇らなくても暮らせる平家の設計は魅力です。あらかじめ、玄関から廊下、居室まで、車椅子でも移動できるバリアフリーにすれば、将来的に費用をかけてリフォームする必要もありません。

家族との一体感のある生活空間

平屋は、同じフロアにキッチンやリビング、寝室やバス・トイレがあり、上下移動の必要なく配置されるため、自然と家族が触れ合う機会が増えます。

2階建て住宅では、子供が2階の自分の部屋に入ってしまえば、リビングにいる親が気軽に声をかけるということも少なくなるでしょう。

平家では、1階と2階といったように、フロアで生活空間が分断されていないため、思春期の子供のちょっとした変化にも、気付きやすいと言えます。

また、子供が小さな間は、目の届く範囲で遊ばすことができ、階段から転落の心配もありません。間取りを工夫することで、家族がコミュニケーションをとりやすい、生活環境を作ることができます。

生活動線が短く家事仕事が楽になる

平家住宅は、一階部分のみで階段の昇り降りがなく、動線がスムーズで暮らしやすい家になります。

ワンフロアで生活できるため、玄関からリビング、寝室からバス・トイレへの移動が楽にできます。

「家事をしながら洗濯し、洗濯物を物干しに干して、乾けばすぐに取り入れてクローゼットにしまう…」一連の作業が階段の上り下りなくできます。

荷物を持って階段の上り下りをする負担がなく、毎日の家事に費やする時間を短縮できます。掃除では、掃除機を2階へ移動させる手間がはぶけ、一挙にフロア全体に掃除機をかけることができます。

フラットな床に設計しておけば、ルンバなどの自動掃除機を設置して、手間いらずで、いつも清潔な家で暮らせます。

維持費が安く管理しやすい

住宅の寿命は、外壁塗装によるメンテナンスの良さに左右され、一般に十数年に一度のサイクルで外壁塗装が必要になります。

壁のペンキがはげたまま放置すると、そこから雨水が入り、建物の基礎部分の木材が腐って、住宅の老朽化が加速します。

外壁塗装はどのような家でも避けて通る事はできず、住宅の維持費の大きな項目です

外壁塗装では足場を組む必要がありますが、平屋は脚立で作業できる場合もあり、塗装費を低く抑えることも可能です。台風や豪雨のときの雨漏り点検でも、屋根に登っての作業が、2階建よりもしやすく、致命的な転落事故の心配も少ないと言えます。

2階建て住宅より耐震性に優れている

地面に近い方が、地震の揺れの影響を受けることは確かですが、平家の方が2階建てより高さがないので、揺れ幅が小さくなります。

2階建ては平家より建物の重心が高くなり、地震の揺れでは、2階部分の揺れ幅が大きくなり、壁や屋根の構造がもたずに家屋が倒壊するケースが見られます。

平屋は建物の高さが低い分、住宅構造が安定しており、地震の際に倒壊しにくいと言えるのです。また、平屋は、火災が発生した場合も、どの部屋からもすぐに避難できます。

冷暖房効率を上げることができる

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に対流するため、2階建て住宅では、1階と2階で、温度差が生じます。

平屋住宅では、間仕切りの少ないオープンな間取りにすることで、少ないエアコン台数で、効率よく温度調整ができます。また、2階建て住宅では、階段スペースに4畳ほどの面積が必要で、生活有効スペースが減らされます。

平屋建ての場合は階段スペースの必要なく、空調面でも、有効スペースを効率的に管理してゆくことができます。

平屋住宅のデメリット

平屋に実際に住んでみて、思いがけない不便さに後悔することあるかもしれません。

平家住宅を新築する際には、そのデメリットも理解して、事前に対策をとることが必要です。

プライバシーの確保が難しい

平屋建ては、玄関から各部屋まで平面で構成されているため、各部屋のプライバシーを確保しにくい点があります。

家族の親密度が高くなる反面、親子、夫婦、2世帯家族など、個々のライフスタイルに合わせた生活がしにくくなります。2階建て住宅の部屋と比較した場合、音漏れがしやすく、廊下からも室内が見えやすい構造です。

また、立地条件によりますが、道路や隣の家から家の中が見えやすく、オープンな窓の開放感が、帰って居心地の悪さにつながることもあります。

通行人がすぐ目の前を通り過ぎるような状況では、室内で落ち着いて過ごすこともできず、カーテンを締め切った生活になってしまうことも考えられます。

防犯対策が必要

外から家の中が見えやすい平家は、2階建て住宅に比べて空き巣被害にあうリスクが高いと言われます。寝室も1階になるため、夜間の泥棒の侵入も心配です。

家の中の状況が覗き見されやすいため、窓ガラスやドアに十分な防犯対策が必要です。

部屋数を多く取れない

同じ敷地面積に家を建てることを考えると、平家と2階建てでは、当然2階建ての方が、総床面積が広くなり、部屋数も多くとれます。

平屋はシンプルな構造で、家族の成長に合わせて増築しやすいですが、建築制限で建ぺい率が厳しい場合は、家を広げることができません。

子供が小さいうちは、さほど問題に感じなくても、中高生ともなれば、子供たちはプライバシーが確保できる、自分の部屋を持ちたいと考えます。

個人の自由な生活スタイルも維持してゆくには、ある程度の広さが必要で、プライバシーが保てるような居室のレイアウトが求められています。

住宅コストがかかる

平屋建ての建築費は、一般に同じ規模の2階建住宅と比べて、坪単価が1〜2割ほど高くなっています。横に広けた場合、建物の土台となる基礎工事や屋根の面積が広くなり、その分建築費がかかります。

木造2LDKで85㎡(約26坪)の平屋建てを建てる場合は、建ぺい率50%の住宅地では、170㎡の敷地が必要です。

同規模の床面積の家を2階建てで建てる場合は、必要な敷地面積は少なくなり、総費用も安くなります。

首都圏の高級住宅地では、厳しい建築規制や高い地価のため、平家のメリットを十分に生かすことは難しいかも知れません。

暑さ対策が必要

平屋住宅は、1階部分しなないため、地熱の影響を受けやすく、夏は熱く冬は冷え込みやすい傾向があります。

2階建て住宅は立体構造になっているため、より快適な住居環境を求めて1階に移動したり、風通しの良い2階で過ごしたりなどの選択ができます。

地熱の他にも、屋根の太陽光の熱が直接室内に伝わるため、屋根に断熱材を入れたり、風通しの良い設計にしたりする対策が必要です。

第一種低層住居専用地域などでは敷地探しが難しい

土地は各自治体の都市計画で使用用途が決められており、商業地域や住宅専用地域などの地目によって区分され、建築基準が設けられています。

建ぺい率は、敷地面積に対する建坪の面積で、商業地域になるほど建ぺい率は高く、住宅専用地域になるほど低くなります。

第一種低層住居専用地域」では、容積率の制限が厳しく高いマンションが建設できない反面、建ぺい率も厳しく、敷地いっぱいに建てることができません。

例えば、建ぺい率40%の地域では、40坪の平屋を建てたい場合、100坪の面積の敷地が必要になります。

一般的な分譲地では、2階建て住宅を前提にした敷地面積で分譲していて、平均50坪~60坪の区画となり、建てられる平家住宅の敷地面積は狭くなります。

平屋住宅を建てるには、建ぺい率の厳しくない地域の、広い土地を探す必要があります。

プライバシーの問題

2階建て住宅が立ち並ぶ分譲地では、平家にすると日当たりや風通しが悪くなることがあります。

また、近隣住宅の2階から家の中が見えてしまうため、プライバシーの確保が難しくなります。

一般に、住宅密集地では、2階建てや3階建にして、上階にリビングを設ける方が、明るく快適な住居環境が作れます。

購入した土地が、平家住宅に向いた敷地であるかを判断することが大切です。

平屋住宅を建てるときの注意点

高齢化社会を迎え、平屋住宅への人気が高まってきていますが、平屋住宅のデメリットに、十分に対応してゆく必要があります。

日当たりや風通しを考えた間取りが大切

眺望や風通し、日当たりやプライバシーの問題は、立地条件に左右されますが、2階建てよりも平家の方が、その影響を受けやすいと言えます。

平屋住宅を建てる場合は、2階建ての建物よりも慎重に、周囲の環境をみて、日当たりや室内の露出度を考え、窓や開口部の位置を決めるのが大切です。

ソーラパネルの設置や風通しの良い構造にするなど、エコを意識した家にするには、専門家のアドバイスが必要です。

土地と建物のトータル費用で予算を立てる

平屋住宅は、同じ床面積を確保するには、2階建て住宅より広い土地が必要になります。

地価の高い都心部では、平家にこだわらず、2階建ての二世帯住宅にして、将来的には二階部分を賃貸として運用するという考え方もあります。

平家にこだわる場合は、土地と建物の費用をトータルで考えて、平屋住宅のメリットが十分活かせる立地条件の土地を探すことが大切です。

平屋住宅の建設に詳しい施工業者を探そう

都心部に住宅が密集している近年、平屋を建てる需要が少なく、実際の施工例があまりないため、平家に詳しい施工業者を見つけることから始めなければなりません。

注文住宅のモデルハウスでも、平屋プランに対応していないところもあります。

平屋住宅に必要な、断熱材や防犯措置に熟知している施工会社を探し、設計段階から、問題点に十分な対策を講じていくことが大切です。

まとめ

平家住宅は、多様化するライフスタイルの中で、近年、注目され始めている住宅様式です。開口部を広く取り、庭との一体感を出した、明るいオープンな生活空間を演出できます。

階段の上り下りがないため、高齢になっても住みやすいフラットな環境で、若い世代が安心して子供を育てるのにも適しています。

しかし、家族のプライバシーの確保や防犯上の問題、また、建ぺい率による建築規制の問題をクリアして行かなければなりません。

平家住宅を建てるには、立地条件を吟味し、ゆったりとした敷地で平家のメリットが生かせる設計を考えましょう。