理想のサンルームを手に入れよう!押さえておきたいメリット・デメリット

ぽかぽかとした日差しが降り注ぐサンルームは、お茶をしたり、子どもと遊んだりするだけでなく、洗濯物が干せるなど実用的な面も。サンルームがある家に憧れている人は多いのではないでしょうか。

快適なサンルームが作れるよう、サンルームとはどんなものかというだけでなく、メリット・デメリットについてもしっかり理解していきましょう。

サンルームってどんな部屋?

サンルームとは、外に張り出すように設置され、太陽光をたくさん取り入れられるようにした部屋のことです。リビングの掃き出し窓に続けて設置することが多くあります。基礎はコンクリートなどでしっかり作っていますが、3方の壁と天井をガラスで覆っていたり、開口部を広くとっていたりするのが一般的です。

サンルームを上手に取り入れると家のデザイン性も上がり、素敵な見た目も手に入れられます。サンルームの開放的な雰囲気を活かし、リビングの延長としてくつろぎのスペースとしてもよいですし、洗濯物を干したり、植物を育てたりとその使い方はさまざまです。

サンルームは新築の際に設置するのはもちろんですが、後付けで増築することもできます。

サンルームとテラス囲いとの違いは?

サンルームと似ているものに、「テラス囲い」があります。テラス囲いはサンルームよりも簡易的なもので、サンルームが基礎工事をして設置するのに対して、テラス囲いは、バルコニーやウッドデッキをガラスで囲って作ります。また、屋根もガラスではなく、「ポリカーボネート」という素材を使うのが主流です。

気密性もサンルームに劣るので、強風や雨、結露に対してサンルームよりも弱いという特徴があります。

サンルームのメリット

サンルームがある暮らしにはどんなメリットがあるのでしょうか。項目ごとに確認していきましょう。

開放的な雰囲気を味わえる

サンルームは3方と天井にガラスを用いているので、採光性や開放感は抜群です。テーブルや椅子を設置して、自然光が降り注ぐ、明るく開放的な空間でくつろぐというのはとても気持ちがよいものです。天井もガラスなので、夜に寝そべって星空を眺めるというのも素敵ですね。サンルームがあれば、生活に新たな楽しみができます。リビングのほかに、くつろげるスペースがあると気軽に気分転換もできるでしょう。

冬場などは、ぽかぽかと暖かいサンルームで日光浴を楽しむこともおすすめです。

雨や花粉などから洗濯物を守れる

サンルームに洗濯物を干しておけば、急な雨や花粉などから洗濯物を守ることができます。花粉の時期や梅雨の時期は、洗濯物を外に干すのをためらってしまうこともあるのではないでしょうか。また、近年問題となっているPM2.5や車の排気ガスが心配という人もいるでしょう。

サンルームがあれば、そのような心配をしなくても大丈夫。雨や花粉などを避けながら、太陽の光で洗濯物を乾かすことができます。

断熱効果が高い

家の断熱性を高めるために、二重窓を設置している家は多くあると思います。それと同様にリビングにサンルームを設置することで、二重窓ならぬ二重部屋として断熱性を高めることができるのです。エアコンの効率も高まるので、光熱費の節約にもつながります。

また、冬場の晴れた日は、サンルームで暖まった空気を室内に取り入れることで、部屋を暖めることもできます。

塩害対策にもなる

海に近く潮風にさらされるエリアでは、塩害対策としても有効です。潮風のせいで乾きにくい洗濯物を干したり、錆びやすいものをサンルームにしまっておいたりするとよいでしょう。また、植物なども塩分の影響を受けずに育てることができます。

子どもやペットの遊び場になる

小さな子どもがいる場合は、外遊びに連れていきたくても、いけないこともあるでしょう。サンルームがあれば、陽の当たる場所でありながら、親の目が届く場所で子どもを遊ばせることができます。

また、ペットが遊ぶ場所としてもおすすめです。散歩に行けないときなどは外の見えるサンルームで遊ぶことで、ペットも気分転換ができますよ。

サンルームのデメリット

サンルームの魅力ばかりに気をとられ、デメリットをよく理解していないと設置した後で、こんなはずではなかった、自分の暮らしには合わないかも、と後悔してしまうことも。デメリットについても頭に入れておきましょう。

サンルーム内は外気の影響を受ける

サンルームに面した部屋の断熱効果は高まりますが、サンルーム自体は外気の影響を受けやすいので、要注意です。夏場は直射日光で非常に暑く、冬場は曇っているととても寒いのです。外気の影響が大きいので、晴れた真夏や曇りの真冬は冷暖房を使ったとしても、くつろげるような快適な温度にするのは難しいでしょう。

汚れやすく掃除しにくい

サンルームはガラス張りなので、汚れが目立つのが難点。きれいに保つには掃除が欠かせません。手が届く範囲であれば、窓ふきの要領で比較的簡単に掃除ができますが、天井などを掃除するのは一苦労です。ガラス部分の面積も広いので、高圧洗浄機で掃除しているようです。自分ではできない場合などは業者に頼むという人もいるようです。

費用がかかる

サンルームはガラスの面積が多いので、施工費が高くなります。エリアにもよりますが、100万円近くかかるのが相場のようです。

また、サンルームの面積は家屋の延べ床面積に加算されますので、その分固定資産税が高くなってしまいます。極端に上がることはありませんが、ずっと続くものなので、サンルームを設置することでどのくらい金額が増えるのか確認しておくとよいでしょう。

サンルームの設置には条件がある

サンルームを増築する際は、建蔽率を超えないようにしないといけません。家自体が建蔽率ギリギリの面積なのであれば、増築できない場合もあります。また、10㎡以上のサンルームを増築する場合は、防火地域・準防火地域であることが条件となります。また、確認書類の提出や登記を変更するなどの手続きも行わなければなりません。

増築すると家の保証がされなくなる場合も

新築の際にサンルームを作るのであれば問題ありませんが、後付けで増築する場合に、外壁に穴を開けるなどの施工をすることがあります。こうすると、家本来の断熱性を保てなくなるという理由から、家が保証の対象外になってしまうことがあります。増築の際には、保証について確認してから行うようにしましょう。

また、外壁に穴を開ける場合は防水処理をしっかりと行うようにしておかないと、家の耐久性も下がる可能性がありますので十分に注意しましょう。

サンルームを快適に利用するコツ

せっかくサンルームを設置するなら、できるだけ快適に使いたいものです。サンルームを快適に利用するにはちょっとしたコツをご紹介します。

しっかりと換気をする

サンルームに洗濯物を干すと、湿気がたまります。換気をせずに放置していると結露やカビの原因にもなりますので、しっかりと換気をするようにしましょう。また、夏場も換気をすることで、温度が上がり過ぎるのを防ぐことができます。風通しを意識した設計をすることで、多くの風を取り込むことができますので、設置の際は意識するようにしましょう。

日差しを避ける工夫をする

冬場はぽかぽかと暖かい太陽の光も夏場はサンルームを高温にしてしまいます。夏場は直射日光を避けるための工夫が必須です。

タープやカーテンを設置したり、ガラスの内側に断熱シートを貼ったりすると高温になるのを防ぐことができます。また、ガラスを断熱性の高いものや紫外線処理をしたものを選ぶという方法もあります。

サンルームの目的をはっきりさせる

くつろぐために、サンルームを設置したのに、周囲が騒がしくサンルームにいても落ち着かない、となってしまっては意味がありません。なんのためにサンルームを作るのか、周囲の様子やサンルーム内の設計は適切かなどをしっかり確認しましょう。

まとめ

日差しをたくさん取り込めるサンルームは第二のリビングとして家族とくつろいだり、天気や季節を気にせず洗濯物を干したりと、そのメリットは大きいものです。反面、夏場は気温が上がり過ぎてしまうことも。

サンルームを上手に使うポイントは夏場の暑さを解消できるか、定期的にメンテナンスができるかです。サンルームを検討している方はデメリットもしっかり理解しておきましょう。