バリアフリー住宅の特徴と注意点を紹介!生涯住む家の建て方のポイントとは

家は何十年と住み続けるもので、今は問題なくても、将来的に介護をしなければならない、介護されなければならない時がくるでしょう。

また、現在、ご家族に高齢者や身体の不自由な方がおられ、バリアフリー住宅にリフォームしたいと考えている人も多いかもしれません。

ご自宅を快適で住みやすい住まいにするために、バリアフリーで押さえておかなければならないポイントがいくつかあります。

この記事では、将来を見据えた快適な住まいづくりを考えておられる方、バリアフリー住宅へのリフォームを検討している方に、バリアフリー構造の住まいの注意点についてお伝えします。

バリアフリー住宅とは

バリアフリー住宅は、将来の介護に備え流ことのできる、高齢になっても日常生活で不便を感じず、快適に住める家です。

近年、マイホームを建築・購入する際に、老後も住み続けることのできるように、バリアフリーを意識した設計や構造を取り入れることが注目されています。

まず、バリアフリー住宅の特徴と、ユニバーサルデザインとの違いについて見てみましょう。

バリアフリー住宅の特徴

バリアフリー住宅とは、車椅子に障害となる段差をなくし、ドアの間口や廊下を広くし、手すりやエレベーターを設け、身体が不自由になっても安全に暮らすことができる家です。

断熱素材を使用するなど、室内の熱の流れに配慮し、家の中の温度差をなくすことで、ヒートショックが起きないようにします。

高齢者が移動しやすいように充分な採光を取り入れ、足元も照らす照明にして、転倒がないよう見分けやすい、視覚的効果の高い床面にするなどの工夫もされています。

生活に支障となるもの極力減らし、動作の補助となる手すりなどの設備を加え、スムーズに日常生活が送れるようにします。

高齢者や障害者のみならず、妊婦の方や子供でも、家の中で怪我をせず、また、安全・安心に暮らせる、生活動線にも配慮されています。

バリアフリーとユニバーサルデザインの違い

バリアフリーとユニバーサルデザインの違いは、バリアフリーは、高齢者・障害者が生活する上で障壁(バリア)となるものを除去(フリー)することです。

いっぽう、ユニバーサルデザインは、障害の有無、年齢、性別、人種にかかわらず、全ての人々が利用しやすい生活環境や都市設計のデザインを言います。

バリアフリーもユニバーサルデザインも、安全性や効率性を配慮した設計ですが、ユニバーサルデザインのほうが、より広い意味での、質の高い生活環境を意味しています。

バリアフリー住宅の設備計画のポイント

それでは、バリアフリー住宅の設備のポイントについて、玄関、廊下、リビング、トイレ、浴室、階段などについて個別にみていきましょう。

道路から玄関までのアプローチ

建物へのアプローチは、駐車場から玄関までに距離や段差がなく、通路に充分な幅を持たせ、階段のある場合は踏み板に「滑り止め」をつけます。

近年の住宅は災害時を考慮し、床下空間を確保する事が求められており、地面と床面との高低差が大きくなっているため「スロープ」の設置が必要です。

車椅子がスムーズに登れるスロープにするには、1/12〜1/15の勾配が良いとされています。しかし、地面と床面の高低差が50㎝ある場合は、6~7.5mの長さが必要となり、両端に平坦な部分を確保すると10〜12mの通路の長さが必要です。

理想的なスロープを作るには、かなりの敷地面積が必要ですが、少なくとも1/8~1/10の勾配のある通路にするのが望ましいでしょう。

玄関

一般的に玄関の車いすの出入りは玄関のドア幅は90cm以上確保し、扉は引き戸が望ましいとされています。玄関の軒(のき)や庇(ひさし)を深めにとると、雨除け・雪避けになり、濡れずに家の中に入ることができます。

玄関のバリアフリーはそれらに加え、上がり框(かまち)の段差をできるだけ低くし、手すりをつけ、靴を履いたり脱いだりするのに使える椅子が設置できるスペースを確保します。上がり框(かまち)にスロープをつける場合は、設計段階から、玄関に充分な奥行きが必要です。

玄関の上がり框(かまち)の段差が7~8㎝程度までならば、市販の置き型スロープが利用できます。

廊下

日本の一般的な住宅の廊下の幅は80cmで、室内用の車椅子の幅は65cm程のものが多いと言われます。

バリアフリー住宅では、玄関の扉と同様、廊下も車いすが通りやすいように90cm以上の幅が求められています。

廊下に手すりをつけるには、壁の補強が必要となります。家を建てる際、壁に手すりに適した下地を入れておくと、将来的に取り付けが容易になります。

電気のスイッチの位置を低めにし、大型でフラットな「ワイドスイッチ」にしておくと、車いすからの操作もしやすくなります。床や壁は、車いすの移動でへこみや傷がつきやすいため、強度のある建材を使用するのがおすすめです。

夜間でも足元を照らす「フットライト」をつけると便利で、コンセントを設けておけば、非常時に懐中電灯としても使えるLEDの常夜灯を設置することができます。

居間・茶の間・リビング

日常生活で最も長く時間を過ごす、居間・茶の間・リビングと呼ばれる部屋は、段差をできるだけなくしたフラット構造にするのがポイントです。

高齢者の家庭内での怪我は、庭についでリビングでの転倒が多く、段差でつまずいたり、床で滑ったり、置き物に引っかかって転んだりしする事故が報じられています。

車いすに座ったままでも使いやすいテーブルの高さは、約70cmとされていますが、車いすに合わせて高さが調節できるテーブルにしておくと将来的に便利です。

キッチン・洗面所

キッチンや洗面台では、車椅子でも使用できるユニバーサルデザインの商品が販売されています。

設計段階で、キッチンや洗面台の下の収納スペースを可動式にしておくと、将来的に車椅子でも利用できる仕様になります。

車椅子でなくても、椅子に座ったまま作業できるため、調理や台所仕事の長い人にとっては、家事の負担を軽減できと言えます。

トイレ

トイレは、寝室の近くに配置して、洋式トイレでゆったりとしたスペースをとり、体を支える手すりをつけます。バリアフリーの公共設備では、2m四方のスペースとなっていますが、一般住宅の場合は、120cm以上の幅があれば良いとされています。

水回りを一か所に集めるため、風呂場と寝室との間にトイレを設けて、両方向から入れるような間取りにするのも良いアイディアです。

ドアは引き戸が使いやすく、間取り上引き戸にできない場合は、折れ戸などの選択肢も検討してみましょう。

トイレと洗面所の壁を「耐力壁」ではなく「一般壁」にしておくと、将来的にリフォームで壁を抜いて、洗面所とトイレを一体化して介護しやすい広がりを持たせることができます。

浴室

浴室は転倒しやすいため、バスタブや床に滑りにくい素材を選び、入り口の段差をなくし、手すりをつけます。

浴槽の高さは40cm以下が望ましく、一旦腰掛けてから入浴できるように、座るスペースを確保した介護用の浴槽もあります。

冬場は、室内と浴室との温度差が大きくなり、高齢者のヒートショックによる事故が多いため、浴室暖房を設置して、居住空間の温度差を出来るだけなくします。

ヒートショックとは、血圧の急激な変動で心臓に負担がかかり、不整脈や脳卒中・心筋梗塞を起こす症状です。

暖かい居間から寒い風呂場へ移動して血管が縮み血圧が上がっているとき、お湯につかると血管が広がって急に血圧が下がり、血圧が急変することでヒートショックが起きます。

ちなみにヒートショックを避けるには、40度未満のぬるめのお湯で、気温があまり低くない早い時間帯での入浴がおすすめです。

階段

階段は、登り下りしやすい「寸法」があり、折り返し階段を設ける場合は、平らな踊り場にする方が安全です。

階段には滑り止めをつけ、踏み面の先端だけ色合いを変えて視覚性を高め、廊下にコンセントを用意しておくと、フットライトをつけて足元の確認がしやすくなります。

◇ホームエレベータ

バリアフリーは平家建てが適していますが、都市部では敷地が広く取れないため、どうしても2階建てになってしまいます。

ホームエレベーターは、1畳ほどのスペースがあれば設置でき、高齢化社会に伴って、バリアフリーからフロアフリーの時代へと言われるほど、昇降機の需要は高まってきています。

2階建て住宅では、ホームエレベーターのほかに、「段差解消機」、「階段昇降機」などの設置も可能で、「階段昇降機」は後付けも可能で、比較的設置しやすくなっています。

バリアフリー住宅の注意点

バリアフリー住宅では、介護される人と介護する人が一緒に生活するため、両者が快適に過ごせる環境を作ることが大切です。

ゆったりとした敷地に平家を新築する場合と、都心の二階建て住宅をバリアフリーに改修するのとでは、注意点も変わってきます。

新築する際の注意点

新築の場合は、最初からバリアフリー住宅にするのか、将来的にバリアフリーに改修しやすい設計にしておくのか、などの判断が必要です。

設計段階で、手すりをつける壁の位置に下地補強を入れたり、必要な場合は壁を取り除いて一室にできるような一般壁を採用したり、バリアフリー化への準備が必要です。

玄関・廊下・トイレ・風呂場など、手すりが必要となる箇所を想定し、設計段階で準備しておくと、将来的にスムーズなリフォーム工事が行えます。

廊下の幅や引き戸の取り付けなどは、設計段階から取り組まなければならない課題のため、バリアフリーに詳しい設計者への依頼が必要となります。

間取りの注意点

バリアフリー住宅では、寝室とトイレの距離を近くするなど、効率的な生活導線を考えた間取りが求められています。

高齢者を介護する人用の居室を、別途、高齢者の部屋の横に設けて、プライバシーを確保しながらも、緊急時にはすぐに対応できるような間取りも良いでしょう。

また、寝たきりの高齢者では、日当たりや採光への配慮が必要です。

大きな開口部のある部屋では、屋外からの出入りも可能になり、庭から入って寝たままでの移動も考えられます。

バリアフリーの費用

浴室・トイレの改修工事や、ホームエレベーターの設置では、100万円単位の費用がかかります。

介護認定で「要介護」「要支援」と認定されると、上限はありますが、「手摺の設置」「便器の交換」「段差の解消」などの費用に、介護保険の支給を受けることができます。

バリアフリーの家、住宅工事に関する助成金、補助金は、自治体から支給されるため、各市町村の窓口に問い合わせてみましょう。

まとめ

バルアフリー住宅は、リフォームで将来的に取り組める部分と、廊下の幅や間取りなど、設計段階から対応しなければならない要素があります。

敷地面積と間取り、介護される人と介護する人の双方のプライバシー、工事費用など、多様な面から検討してゆく必要があります。

上記のポイントと注意点を参考に、専門家と相談しながら、生涯住み続けることのできる理想の家の設計に取り組んでください。