人気がある勾配天井のある家の魅力と注意点、メリットやデメリットを紹介

家の新築やリフォームで、勾配天井を取り入れるか迷っている人も多いのでは無いでしょうか。
勾配天井のある家は、縦への空間の広がりで、普通の部屋より開放感を演出することができます。

ここでは、勾配天井の家の構造や機能性、メリットや魅力、デメリットや注意点について説明します。

勾配天井って何?

勾配天井とは、天井が屋根の傾き(勾配)にあわせて斜めになっている天井です。従来の住宅では、勾配部分を天井板でおおい、屋根裏となっていましたが、近年では、そのデッドスペースを住宅空間に取り込んだ設計が人気です。

天井が高くなり、梁(はり)などの構造材が露出するため、通常の天井の部屋と比べると、雰囲気もがらりと変わってきます。

いっぽう、緩やかな勾配の屋根では、勾配天井に特有の高さ感が出ず、普通の天井の部屋とあまり差別化できないと言えます。

このように、勾配のある家では、屋根の裏側が天井になるため、天井の傾きは屋根の傾斜の影響を受けます。

そのため、勾配天井の家にする場合は、設計段階から、しっかりとした計画が必要です。

屋根の形の種類

勾配天井の傾斜は、屋根の傾斜の影響を受けるため、どのような形の屋根があるのかについて、まず確認しておきましょう。

代表的な屋根には、三角屋根の「切妻屋根」、四方向に傾斜のある「寄棟屋根」、一方に傾斜のある「片流れ」、屋上のある「陸屋根」などがあります。


陸屋根の住宅では、屋上を利用した新しい生活空間を作ることができますが、全面で雨を受けるため、防水塗装などのメンテナンスが必要です。

勾配天井のある家は、切妻・寄棟・片流れの屋根の家になり、屋根の傾斜は雨や雪を効率的に流す角度に設計されます。勾配天井の高さを出すために屋根を急な傾斜にすると、屋根の工事や修理に費用がかかるという注意点があります。

また、省エネ住宅で、屋根に太陽光発電システムを設置する場合は、屋根の傾斜に配慮が必要です。

家の外観や太陽光パネルの設置の面から、勾配天井の傾斜角度を、まず決める必要があります。

屋根の構造

勾配のある家と通常の家との最も大きな構造上の違いは、屋根裏の空間があるかないかです。一般的な「切妻屋根」の構造は、垂木(たるき)と呼ばれる木材を三角に組んで、その上に野地板(のじいた)をのせて屋根の基礎を作ります。

さらに、ルーフィングと呼ばれる防水シートを貼り、瓦材を載せ、頂点となる位置を保護する棟板金(むねばんきん)がつけられます。天井板で作られる小屋裏は、屋根裏部屋や収納スペースに使われることもありますが、利用されずにデッドスペースとなっていることが多いようです。

勾配のある家では、この部分を住居空間として生かす、斬新な試みです。

勾配天井のメリット

それではまず、勾配天井のメリットについて見てみましょう。

高い天井からくる開放感

勾配天井の一番のメリットは、通常住宅の天井の低さからくる圧迫感をなくし、部屋に開放感を演出できることです。

同じ面積の部屋でも、天井が高いほど、タテへのぬけ感がありるため広く感じ、開放感のある空間にできます。

窓を大きくとることができ、モダンなデザインにすることができます。

高所の窓から取り入れる自然な採光

従来の天井では、天井板でおおわれている部分には窓が付けられませんが、勾配天井の場合では可能になります。

勾配天井で、高い位置に採光を取り入れる窓を作り、「天窓」のような効果を得ることができます。

採光をたっぷりと取り入れ、明るい部屋にすることができます。

天窓」とは、「トップライト」「ルーフウィンドウ」「スカイライト」とも呼ばれ、屋根や天井に設けられた窓のことです。

採光を取り入れることが目的の固定式と、換気のできる開閉式があり、通常の窓よりも多く光を取り込むことができます。天窓は、建築基準法の「有効採光面積」の計算では、通常の窓の3倍に換算されます。

有効採光面積」とは、部屋に自然光を取り入れ、採光を確保するために有効な開口部の面積です。建築基準法では、住宅の居室の開口部の有効採光面積は「床面積の7分の1以上」と規定されています。

勾配天井では、高い位置から窓をつけて、有効採光面積を広くとれるというメリットがあります。

視線の抜け感から来るゆとりの生活

勾配天井で開口部を広くとることで、外の景色を取り入れ、視界が広くなります。

窓から空が見える暮らしは、日中でも夜間でも、開放感やリラックス感をもたらしてくれます。

家にいながら、リゾート感が楽しめる生活空間が造れます。

換気と通気性の向上

勾配天井の家の部屋で、高い位置に開閉式の窓を付けて換気することで、通気性をよくすることができます。暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下に降りる性質を利用し、高所の窓から暖かい空気を外に出すことで、部屋の中に自然な空気の対流をおこします。

夏場に室内にこもった熱気を外に逃し、新鮮な空気を取り入れる、換気構造を作ることができます。

開放感ある2階リビングの実現

総2階の家では、1階に勾配天井の部屋を設けることは難しいですが、2階部分では屋根の勾配を利用して、開放感あるリビングが造れます。リビングに採光をたっぷりと取り入れ、また、夜には星空が楽しめます。

ロフトを組み合わせ、子供の遊び場や書斎を作るなど、縦空間を有効利用したリビングは魅力です。

勾配天井の知っておきたいデメリット

勾配天井には構造上のデメリットも存在するため、事前に、デメリットや対策についてもに確認しておきましょう。

部屋の容積が増えることで光熱費がかかる

屋根裏のデッドスペースがなくなり、天井が高くてすっきりする反面、屋根の温度と、室内の温度を緩和する空間がなくなります。実は、昔からある切妻屋根の家は、省エネに優れた構造になっています。

屋根が外壁から突き出して、軒(のき)を作り、軒が直射日光を遮って室内の温度の上昇を抑えます。

また、突き出た軒の下を板でおおって軒天井を作り、そこに換気口をつけ、小屋裏で外気との温度差でできた結露を、外に排出する仕組みになっています。

軒天井の家では、天井板を取り除いた分、屋根裏での温度調整ができず、さらに、部屋の容積が増えるので、冷暖房の費用がかかることになります。

屋根の断熱材に費用がかかる

勾配のある家では、天井裏の空間や、軒天井の排気口がないため、外気との温度調整を部屋全体でしなければなりません。

近年、地球温暖化で35°以上の真夏日が増え、夏場の屋根の温度は60〜80°の高温になり、冬場は温められた室内の温度が、屋根から外に放出されます。

そのため、勾配天井の家にする場合は、屋根に断熱材を使うなど、遮熱・断熱対策をとる必要があります。

高所の窓のメンテナンス

窓は、窓枠と外壁の間にシーリング材で防水処理がされていますが、シーリング材は紫外線による劣化が早いため、定期的に補修する必要があります。

開閉式の窓を電動にする場合は、電気系統のメンテナンスも必要です。また、台風や強風の飛来物で、高所の窓が被害を受け雨水が吹き込んできた場合、素人では容易に応急処置ができません。

震災による停電で、電動式開閉窓が使用できなくなることも想定し、手動でも操作できるような設計が必要です。

天井が高いために発生する手間や費用

勾配天井の高い位置に取り付けた照明器具は、掃除や取り替えの作業に、脚立などが必要で危険も伴います。

梁(はり)が出ている場合は、梁の上にもホコリが溜まるため、年に一度は大掃除をし、日頃から換気をよくすることが必要です。

勾配天井の家にすると、平天井よりも壁の面積が増えるため、壁紙や木材などの内装費用がより多くかかります。

高所の照明器具や窓の修理、壁紙の張り替えなどの作業では、家の中に足場を組む必要もあります。

照明器具の位置は注意

天井が高いぶん、光が広がるため、デスク周りの明るさを確保する工夫が必要です。

設計の段階で十分な光が確保できるよう、照明器具の位置を、しっかりと計画し、修理や掃除がしやすい工夫が必要です。

地震の際に、高い天井から吊るされた照明器具が大きく揺れないよう、揺れ留めのワイヤーをつけましょう。

勾配のある天井の家と太陽光発電

勾配のある家を建てる場合、太陽光発電も考えておられる方は、屋根の勾配にも特別の配慮が必要です。

太陽光発電と屋根の傾斜角度

太陽光発電は、太陽光パネルで光線を受けて電気を作りますが、最も効率的に発電できるようにパネルを設置する必要があります。

太陽光線の入射角度は、太陽の高度が季節によって変わるため、例えば東京では、夏至は2.6度、冬至は61.1度が最適となります。パネルの設置は地域によって、年間最適傾斜角が計算され、東京では33度が最適とされています。

一般的な屋根の角度は、4寸勾配から6寸勾配が多く、東京では6寸勾配(約31度)にすると、発電効率が良くなる計算になります。ちなみに、最適傾斜角は、札幌では34.8度(7寸勾配)、那覇では17.6度(3寸勾配)です。

屋根の方位によっても最適傾斜角が異なるため、太陽光発電を導入する場合は、屋根の傾斜角度について専門家のアドバイスを得ることをお勧めします。

まとめ

近年は、住宅建材や空調設備が進化してきたため、従来では実現できなかった、斬新でおしゃれな家を建てることができます。

勾配天井のある家も、吹き抜け構造のように、開放感ある空間が演出できるので人気です。天井に勾配のある方が、高さ感があり、より明るい広々とした部屋を作ることができますが、屋根の傾斜角度の影響を受けます。

設計の段階で、屋根の断熱処理や窓の防水、換気の対策をしっかりとることが必要となってきます。