ガラス張りの家!FIX窓に隠されたメリットとデメリットを解明

屋内にいながら外の風景を楽しめるガラス張りの家は、開放的なイメージがあり、憧れの住まいですね。
ガラス張りの住宅では、庭や夜景などの借景を取り入れ、おしゃれで高級感のある住居空間を楽しむことができます。

しかし、ガラス張りであるために、プライバシーやメンテナンスの面で思わぬ不便さや維持費が発生します。

ここでは、ガラス張りの家の魅力と、そのメリットとデメリットについて紹介します。

ガラス張りの家のメリット

ガラス張りの住宅空間は明るく開放感があり、映画でみるような贅沢な住まいを提供することができます。

ガラス張りの家のメリットについて見てみましょう。

明るい生活空間

ガラス張りの家では、外の景色を生活空間に取り入れ、「借景」を楽しむオシャレ感があります。

また、昼でも電気がいる生活ではなく、明るい自然の採光を室内に取り入れることができるのが魅力です。

狭小住宅では、壁面の一部をガラス張りにすることで閉塞感がなくなり、広い空間を感じることができます。

扉や間仕切りをガラス張りにするだけでも、住居空間にぬけ感が生まれ、スタイリッシュな家になります。

FIX窓の安全性

ガラス張りの家の「FIX窓」では、誤って子供が転落するような心配がありません。

FIX窓とは、壁面にはめ込まれて固定されている窓で、「はめ殺し窓」とも呼ばれています。

ガラス戸のように開閉するのではなく、壁に大型の強化ガラスを埋め込む構造になっています。

2階リビングに大きな窓をつけても、子供の転落の心配がなく、開閉する窓ガラスではないため、防犯面でも外からの侵入を許しません。

中庭に面してFIX窓を設置することで、プライバシーを守りながらも、閉塞感のない広々とした安全な空間が演出できます。

一般の窓に比べて、FIX窓は窓枠を細くしたり、なくしたり出来るため、スッキリとした見栄えとなり、モダンなデザインに仕上がります。

ペアガラスの省エネ効果

ペアガラスは、2枚のガラス板からなり、内部に空気やガスを入れ、断熱・遮熱・遮音効果を発揮する優れた複層ガラスです。

温度差で生じる空気の移動を抑制し、日光による熱を遮断します。

省エネ効果を高めるために、空間層に乾燥空気を入れたり、真空にしたり、金属膜でおおったりするタイプもあります。

中間層にガラスを入れて3枚の板ガラスにしたものでは、断熱効果のほかに、結露の防止にも効果を発揮します。

省エネ住宅にするために、窓ガラスをサッシごとペアガラスに取り替える人もいて、ペアガラスの需要は増えてきています。

ただし、ペアガラスは厚さが12ミリメートル以上あり、普通のサッシの幅が9ミリほどなので、固定するための工事は必要となります。

近年人気のガラス張りバスルーム

日常生活で毎日利用するバスルームに、こだわりを持つ人も多く、近年ガラス張りのお風呂が人気です。
バスルームは北側の間取りなることも多いですが、壁面の一部をガラス張りにすることで、明るく開放感のあるくつろぎの空間が生まれます。

外の塀さえしっかりとしておけば、中庭を作って、毎日が旅行に出掛けたような露天風呂気分が味わえます。

透明ガラスに抵抗感のある人は、くもりガラスを使用するだけでも開放感がでます。

洗面所や脱衣所の壁をガラス張りにする場合は、屋外からの視線も気にならず、広々とした住居空間が楽しめます。

狭小住宅では、バスルームの壁をガラス張りにすると、壁の圧迫感が軽減でき、部屋全体を広く感じさすことができます。

ガラスにも多様な種類がある

ガラスにも色々な種類があります。

瞬間調光ガラス

プライバシーを保護するため、最近ではスイッチひとつで、使用する時だけ曇りガラスにできる「瞬間調光ガラス」などの素材があります。瞬間調光ガラスでは、必要な時だけ一時的に曇りガラスに変えることができる便利さで、オフィス、商業施設、店舗などでも普及しています。

熱線吸収ガラス

「熱線吸収ガラス」は、車のスモークガラスのような色つきガラスで、鉄やコバルトなどの金属を加えて作られます。
グレーやブロンズ、グリーンなどの色があり、直射日光をやわらげて快適な室内環境を作り、省エネ効果も期待できます。

すりガラス

「すりガラス」は、ガラスの片面に金属ブラシなどで微細な傷をつけて、不透明度感を出し、くもりガラスにしたものです。

フロストガラス

「フロストガラス」は、すりガラスの表面を化学処理して滑らかに仕上げたもので、汚れがつきにくく目隠しに適しています。

型板ガラス

「型板ガラス」は、製造時に模様つきのローラーに通して、ガラスの片面に凹凸模様をつけたガラスで、窓、玄関、浴室などに使われています。

強化ガラス

「強化ガラス」は普通のガラスに熱処理をしたあと、急激に冷却して強度を高めたガラスで、粉々に砕けるため怪我をしにくいメリットがあります。

近年、ガラスの性能が良くなり、様々なタイプのガラスから選べるため、ガラスの家の多様性も高まりつつあります。

ガラス張りの家のデメリット

ガラス張りの家に憧れて建ててみたものの、実際に住んでみると、不便な点が多かったなどの意見もあります。

ガラス張りの家のデメリットについて見てみましょう。

FIX窓は開閉できない

ガラス張りでおおわれた「FIX窓」は、ガラス戸のように開閉できないため、窓を開けて空気の入れ替えをすることができません

また、春先や夏の夕涼みに、気軽に外気を楽しむことができず、通気性も悪くなります。

全面をガラスで覆った構造では、火災時に容易にガラスを割って脱出することができないため、緊急時の避難経路を確保しておくことが大切です。

強化ガラスは防音効果がありますが、非常時に大声をあげても、助けを求める声が外に届きにくい、閉鎖された空間になってしまいます。

外部から中が見える

ガラス張りの家は、家の外が見渡せる解放感がありますが、その反面、外から家の中が見られることになります。

夜に室内の電気をつけると外から中が見えてしまい、プライバシーが確保できません。

外部から室内の気配が分かりやすく、外出による不在や長期に家を開ける場合は、不法侵入にあうリスクが高くなり、防犯への配慮も必要です。

万全のプライバシーを確保するには、ブラインドやカーテン、ロールスクリーンなどの設備が必要で、サイズに合わせて注文するためで費用も高くなります。

また、いつもカーテンを閉めているのであれば、普通の家と変わらなくなってしまいます。

ガラス面の掃除の手間と費用

ガラス張りの家は、ガラスの汚れが目立ちやすく、ガラス面を掃除するのに手間と費用がかかります

家の外側は、高圧洗浄機などで清掃できますが、室内では手作業となり、ガラス全面を拭くのには労力が必要です。

高所に登っての作業ができない場合は、業者に依頼することになり、ガラス掃除に多くの費用がかかります。

断熱性に劣る

ガラス張りの住宅は、通常の壁の住宅に比べて外気の影響を受けやすく、断熱性に劣り、また、熱損失が大きくなります。

直射日光を遮るために、通常の壁面に比べてひさしを長く取る必要があり、ひさしがないと、熱気がこもり、冷えやすくなます。

夏場は温室のように暑くなり、夕方には西日がまぶしく差し込むなど、カーテンの使用が必要で、空調のランニングコストも高くなります。

安全面の心配

豪雨や強風の飛来物で破損する心配があり、保護のシャッターを設置するには、別途費用がかかります。
地震や台風などの災害時には、通常のコンクリートの壁のような強度は期待できません

強化ガラスでも、万全の安全を確保するには、飛来物によると破損を前提とした飛散防止フィルムも必要です。

一ヶ所の破損でも、ガラス一枚を取り替えなくてはならないため、破損時の修理費用がかかります。

コーキングのメンテナンス

ガラスを壁面に取り付ける際に、隙間を埋める目地剤のシーリングを行いますが、そのコーキング剤が劣化するため、5年に1度ほどの補修が必要です。

コーキング剤は紫外線や風雨にさらされると劣化しやすいため、直射日光に当たる面では、特にチェックが必要です。

地震などの振動でガラスが固定できなければ、1枚100キロ以上のガラスが崩落する危険性もあります。

ガラス張りの家での注意点

ガラス張りの家は、視覚的には理想の家であっても、冷暖房のコストや維持費・防犯面での配慮が必要です

全面ガラス張りの家にするのではなく、リビングなどの一部をガラス張りにして、解放感を演出するなどの工夫をしましょう。

壁面全てにガラスを埋め込むのではなく、下半分のみをガラスにして、庭の緑を取り込むこともできます。

また、上半分や一部を開閉できるガラス窓にすると、外気を取り入れ、外部へのアクセスが確保できます。

100坪ほどあるゆったりとした敷地があれば、庭の木々で目隠しもでき、素晴らしい理想の住居空間が実現できます。

まとめ

ガラス張りの家は、ガラスの性能が高くなってきたため、一般住宅でも一つの選択肢となってきています。

開放感のあるおしゃれな空間を作ることができる反面、空調や掃除などのランニングコストが高くなります。

デメリットを考慮しながらも、理想の住居空間を実現するために、様々な工夫をして、ガラスを住宅設計に取り入れてゆきたいものです。