床暖房で後悔しないために!床暖房の種類やメリット・デメリットを紹介

家を足元から温めてくれる床暖房。オール電化住宅も増える中、設置を検討している方も多いのではないでしょうか。
床暖房がどんな種類があるのか、それぞれのメリット、デメリットとお伝えいたします。

床暖房を導入するまえにおさえておきましょう。

床暖房の種類

床暖房にはいくつかの種類があります。まずは、それぞれの特徴についてご紹介します。

1、温水式

床下配管を設置し、温水を循環させて暖めます。電気またはガス、灯油などで水を温めます。施工には温水パネルの設置だけでなく、パイプの循環工事も必要です。施工に手間がかかります。電気式より立ち上がりが早いのが特徴です。部屋全体をムラなく暖められます。

2、電気式

床下に発熱体を設置して電気の力で発熱します。構造がシンプルなので、施工しやすいためリフォームでも設置できます。暖まるまでに少し時間がかかるのが特徴です。基本的にはメンテナンスが必要ありません。

床暖房のメリットとは

床暖房にはさまざまなメリットがあります。

足元からしっかり暖まる

足元から暖まるので、エアコンのように暖かい空気が上にたまってしまうことがありません。また、遠赤外線の輻射熱の効果で足元からしっかりと部屋全体が暖まります。冷え性の場合、つま先など末端が暖まりにくいので、床暖房なら快適に過ごせるでしょう。

床暖房は乾燥しにくい?

床暖房は風が起きないので、空気が乾燥しにくいといわれています。同様に皮膚からの水分の蒸発を防げるので、乾燥肌の人やのどが弱い人などは特に快適さを感じられるでしょう。

空気を汚さない

風によってホコリやペットの毛などが舞い上がりません。エアコンと比べると、空気中のアレルゲン物質の量を抑えられるので、喘息やアレルギー体質がある場合でも安心して過ごせるでしょう。また、ストーブなどのように室内で燃料を燃やさないので、空気も汚しません。

さまざまな場所に設置できる

エアコンは設置にある程度のスペースを必要とするので、居室以外の設置に向きません。一方、床暖房なら洗面所や廊下などスペースがなく、エアコンを設置が難しい場所でも設置することができます。居室以外も暖めることで、ヒートショックなどのリスクを和らげることも可能です。

床暖房のデメリット

導入後の後悔をなくすためにも、デメリットを把握しましょう。

費用が高い

新築に電気式の床暖房を設置する場合、その費用は1畳あたり25,000~35,000円程が相場です。約20畳のLDKに床暖房を設置する場合、50万~70万円ほどが目安です。また、一般的に温水式の方が施行に手間がかかり、その分費用も高くなります。リフォームの場合は、床の張り替えなどの作業が必要になりますので、費用はさらに掛かります。

エアコンであれば20畳に対応するものでも10万円~ありますので、他の暖房器具と比べても設置に費用がかかるということが分かるでしょう。

冬の光熱費が高くなる

床暖房の電気代は使用する頻度や家の作りにもよりますが、ひと月あたり3,000~20,000円程度になるかと思われます。
床暖房は温水式の方が高熱費を抑えられる傾向にあり、ひと月あたり3,000~8,000円ほどにおさえられる家もあります。ただし、最低気温が氷点下を下回るようなエリアでは、他のエリアと比べて光熱費が倍以上になる家もあります。

近年では省エネ性能が上がったエアコンもありますので、床暖房よりもランニングコストが抑えられることもあり、より高く感じられることがあるでしょう。

メンテナンス費用が高い

電気式のものは、建物と同等の耐用年数があるといわれていますが、温水式の中で不凍液を使用しているものは、定期的に不凍液の交換が必要です。また、長年使用していると部品なども劣化してきます。メンテナンスをしなくても、全く使えなくなるというわけではありませんが、性能は徐々に落ちていきます。

実際、10年を過ぎた頃から少しずつ床暖房を使用しない家庭が増えてくることもあるようです。このことからも、定期的なメンテナンスが必要だということが分かるでしょう。定期点検は年1回、冬に本格的な使用を始める前に行うとよいでしょう。

故障時の修理費用が高い

床暖房は故障しにくい設備とされています。
しかし、故障してしまうと修理費用が高く、少なくとも30万円以上は必要とされています。さらには、故障の状況や設備の大きさによっては100万円以上かかることも十分に考えられます。

使用する時期が限定的

床暖房をメインに使用するのは冬です。高額な費用をかけても一年の内、春~秋の3シーズンはほぼ使用しないということも珍しくありません。
寒い季節が長く続く地域は

ラグやカーペットとの相性が悪いものがある

ラグやカーペットを使用してしまうと床暖房の熱が伝わりにくく、その効果が薄れてしまいます。しかし、小さな子どもがいる家庭やペットがいる家庭では、汚れ防止や衝撃対策などで、カーペットが必要な場合があります。床暖房対応のラグやカーペットも市販されていますが、これらは安全面に配慮したものであって、床暖房の熱が伝わりやすいわけではありません。

部屋が暖まるのに時間がかかる

床暖房は、部屋をゆっくり暖めて温度を下げる時もゆっくり下がります。そのため、他の暖房器具にくらべて部屋が暖まるのに時間がかかるだけでなく、細やかな温度調節が難しいのです。

一日中付けっぱなしで生活しているのであれば、床暖房だけでも十分ですが、そうでないのなら補助的にエアコンやストーブなどを併用したほうがスムーズでしょう。

床下にカビが生えることがある

床裏にきちんと断熱処理をしていないと、床下は外との気温差が大きくなるので結露しやすい状態になってしまいます。床下にカビなどが生えてしまうと、家全体へのダメージにも繋がります。特にリフォームの場合は、こうした処理がされていないのでしっかり行うようにしましょう。

床暖房はのぼせることがある

一度暖まってしまえば、床暖房の暖かさは圧倒的です。下半身を中心に全身がしっかり温まります。

しかし、体が十分に温まり放熱しようとしても、足裏から常に温められるので、上手く放熱できないことがあります。このような状態になると、「のぼせ」の症状を感じてしまうのです。床暖房を停止したとしても、前述したように床暖房は温度調節が不得意なので、すぐに部屋の温度が下がりにくいので、のぼせを感じやすい状況になりやすいのです。

特に、赤ちゃんや小さい子どもは、大人に比べると体温の調節機能が弱く、冬場でも熱中症のような症状を起こすことがあるので、十分に注意が必要です。

赤ちゃんの皮膚トラブルの原因にもなる

赤ちゃんは体が小さく、床に密着している時間や面積が大きくなります。直接床に寝かせていなくても、自分で床暖房の上まで動いてしまうこともあります。

床暖房の熱は、低温やけどにつながらないとされていますが、大人よりもずっと床に近い空間ですごしている赤ちゃんにとっては可能性が0ではありません。

また、体感温度についても大人よりと赤ちゃんの方が暑く感じています。大人は快適でも赤ちゃんは暑くて汗をかいていることもあります。赤ちゃんは肌が弱いので、放置していると冬でもあせもができてしまうでしょう。

床暖房を上手に活用するために

床暖房も使い方次第で上手に使うことができます。どんな使い方をすればよいのが見ていきましょう。

光熱費を工夫する

安く電力を使える夜間に熱をためておく蓄熱式のタイプを選んだり、割安になるオール電化のプランを利用したりすることがで、電気代を抑えることができます。また、ガス会社でも床暖房の利用者向けのお得なプランがありますので、チェックしてみましょう。

on/offの回数を減らす

床暖房は立ち上がる時に最もエネルギーを使います。そのため、できるだけまとまった時間で利用するようにしましょう。また、スイッチを切っても30墳程度は暖かいので、外出や就寝の30分前にスイッチをきるとエネルギーの無駄がありません。

インテリアにも一工夫

床暖房は床から部屋を暖めるので、できるだけカーペットなどを敷かないようにしましょう。

また、家具を置く場合は、熱がこもらないように脚付きのものを選ぶのがポイントです。

まとめ

床暖房はとても大きな買い物です。暖まるのに時間がかかる床暖房は、どちらかというと家にいる時間が長い家庭に向いているといえるでしょう。導入後に後悔しないために、自分のライフスタイルや家計とマッチングしているか、よく考えましょう。

また、デメリットを把握したうえで、受け入れるのか、対策をするのか、それでも導入するメリットがあるのか、ひとつずつ確認することが大切です。