2019
12.03

一戸建ての持ち家は賃貸よりお得?持ち家を建てるメリット・デメリットをご紹介!

家のいろいろ豆知識

ライフスタイルに多様性がある現代では、「家」に関する考え方も人それぞれです。

家を持たずに生涯賃貸で暮らす人、マンションを購入する人、持ち家を建てる人など様々です。
家は生涯で最も大きな買い物のひとつ。せっかく買うなら戸建てもいいかな、と考えているかたは少なくないはず。
そこで、持ち家を建てるメリット・デメリットについてご紹介します。マイホーム選びの参考にしてみてください。

一戸建て・持ち家を建てるメリット

一戸建ては安心感が高い?

マイホームは高い買い物なので、多くの人が住宅ローンを利用しています。

住宅ローンは返済までに何十年もかかりますが、ローンを返してしまえば金銭的負担は大幅に軽減されます。戸建ての場合は定年までに返済を完了していれば、老後は固定資産税と修繕費程度の出費で抑えられます。

住宅ローンを利用する際には、団体信用生命保険にも加入します。
これは、返済者が死亡したなどの理由で、ローンを支払えなくなってしまった場合に、保険を使って残高を返済するという仕組みです。住宅ローンの返済中に万が一のことがあっても、残された家族に負担がいくことなく、家に住み続けられるというのも大きな安心のひとつです。

また、賃貸と違って持ち家は資産になります

そのため、売却したり、賃貸したりすることも収入を得ることも可能です。

リフォームや建て替えなど自由度が高い

賃貸では、間取りの変更はもちろん、壁に穴をあけたりすることさえも難しいでしょう。持ち家では、リフォームで間取りを変更したり、老後のためにバリアフリー仕様にしたりなど、一戸建ての家を自由に変更できるのは持ち家ならでは。DIYが得意なら、壁紙を張り替えたり、好きな場所に棚をつけたりともっと手軽に家をアレンジできるでしょう。

生活しやすいように自分好みに家を作り上げていく楽しみがあります。

さらに戸建てであれば、土地があるので家を建て替えるという選択肢も発生します。子どもが大きくなったタイミングで二世帯住宅へ建て替え、老後に向けて2階建てから平屋へ建て替えるといったような選択肢を持てるのも、持ち家を建てたメリットといえるでしょう。

新築の場合はグレードの高い家に住みやすい

毎月のローン返済額と家賃が同等の場合は、持ち家のほうがよい条件の家に住めるケースが多くあります。例えば、近いエリアであっても賃貸なら1LDK~2DKほどの部屋しかないのに、持ち家を購入すると4LDKの間取りに住めるなどといったケースが地方都市では起こりえます。

また、新築の物件は設備のグレードや耐震性にも優れていることが多いので賃貸より物件の質が高いといえるでしょう。

一戸建て・持ち家の場合は社会的信用につながる

人生の中で金融機関からお金を借りなければないない事情が出てくることもないとはいえません。
そんなとき、持ち家であれば物件を担保にすることで、融資が受けやすくなります。

持ち家の場合は将来的に不動産投資などを考えている場合にも役立つでしょう。

持ち家を建てるデメリット

多額の費用が必要

持ち家を建てるには、土地の価格や建設費以外にもお金がかかります。印紙税や登記費用など、住宅を取得するための手続きにかかる諸費用と呼ばれるものです。一般的に、建売住宅では物件価格の3~5%程度、注文住宅では土地・建物の総額の10~12%程度が相場とされています。家の価格が高いので、諸費用もそれなりの額を準備しないといけません。

持ち家の場合は気軽に引っ越すことができない

売却や賃貸にすることもできますが、やはり手間と時間がかかります。そのため、転勤や進学などのライフスタイルの変化があったとしても、簡単に引っ越すことは難しいでしょう。
また、地域の様子やご近所との関係は実際に住んでみないと分からないこともあります。そのあたりも考慮して、持ち家を建てる場合は、慎重に場所選びをすることが大切です。

また、売却をするときは、相場が値下がりしてしまっていて、思っている金額で売れない、買い手がつかないといったことも考えられます。また、整備された建売住宅のような場所でない場合は、隣りとの境界をはっきりさせるといった予想外の手間がかかることも考えられます。

建物や設備のメンテナンスや修理を自分でしなければいけない

屋根や壁などの建物の一部や、お風呂やトイレなどの設備が壊れたら、修理費用などが掛かります。災害や事故の場合は地震保険や火災保険などに加入することで賄えることもありますが、経年劣化で壊れてしまうこともあります。

故障する場所や度合いによっては、金額も大きくなることがありますので、修理に当たられる費用をある程度準備しておく必要があります。また、故障しないよう日頃からメンテナンスしておくことも大切です。

賃貸と 持ち家どっちがお得??

一言で賃貸と持ち家といっても、どんな物件に住むかでかかる費用は大きく異なりますので一概に言うのは難しいことでもあります。

しかし、持ち家は購入時や修理が発生した時には大きく費用が掛かりますが、住宅ローンを完済してしまえば、固定資産税や修繕費がかかるのみ。月々の負担額は大幅に減少します。しかし、賃貸の場合は家賃を一生払い続けなければいけません。特に収入が減り、病気などに備える必要がある老後については、月々の家賃が家計にとって重い負担になることも。生涯コストの差は、長生きすればするほど顕著になり、数百万円になることもあります。

一般的に40年以上住むのであれば、持ち家のほうがコストを抑えられるといわれています。

こんな人は賃貸がいいかも⁉後悔しないためのチェックポイント

一旦、家を買うとそこから引っ越すのはなかなかハードルが高いものです。住んでから不便を感じたり、不満があったりしても我慢して住み続けなくてはいけないという可能性もあります。賃貸の方が後悔なく生活できる人の特徴をいくつかご紹介します。

転勤の可能性がある人

持ち家があると転勤の際に、家を売却するか、賃貸にだすか、そのままにしておくかなどの決断に迫られてしまいます。急な転勤の場合は、売却や賃貸の手続きに間に合わないことも。また、空き家にしておくと家が傷んでしまうというリスクもあります。

家族がいる場合は、持ち家を空けられないからという理由で単身赴任という選択肢も考えられます。転勤がある可能性がある場合はそういった事態をどうクリアするかしっかり検討してからにしましょう。

親と同居の可能性がある人

親と同居する予定がある人は将来のためにと、部屋数の多い家を選びがちです。しかし。遠い将来のことは思い通りにならないことも多いものです。親との同居が必要なくなってしまうことや、その時の親の体の状態によっては、家で介護できないという可能性もあります。親としっかり話しあうことはもちろん、準備したものが無駄にならないかをよく確認しておきましょう。

まとめ

持ち家にも様々なデメリットがありますが、自分の家を持ったという満足感は代えがたいものがあります。

また、家族がいる場合などはローン返済中に万が一のことがあっても住む場所があるといった安心感や老後への備えにもなります。

賃貸のほうがライフスタイルにマッチしている場合もあると思いますが、家の購入に迷っている場合は、持ち家を建てるといことについても前向きに検討してみてはいかがでしょうか。