都心に一番近い別荘地「鎌倉・逗子・葉山」 都心からの移住生活の魅力とは

東京に最も近いといわれているリゾートエリアである湘南。マリンスポーツや観光に多くの人が訪れるエリアであり、おしゃれなお店や話題のお店も数多くあります。

その中でも、鎌倉・逗子・葉山は昔から財政界人や文化人に愛されてきた由緒ある別荘地です。この記事では、鎌倉、逗子、葉山の魅力や特徴をまとめました。都心部に近いリゾート地を探している人はぜひ参考にしてください。

鎌倉・逗子・葉山とは

鎌倉・逗子・葉山は神奈川県の海沿いから三浦半島にかけてのエリアで、海と山に恵まれ自然が多く残っています。古くから日本有数の別荘地として栄えてきました。

今もおしゃれなリゾート地であり非日常を味わえる素敵なスポットがあちらこちらに点在しています。こうした街の雰囲気に憧れる人は多く、高い人気を誇っています。

都心からは電車で1時間程度ですので、手軽に訪れられる地域であるのもその人気を後押ししています。家族でのレジャーやデート、マリンスポーツ、自然を楽しむ散策など世代を超えた人々で一年中賑わっています。

鎌倉・逗子・葉山の魅力を紹介

湘南周辺エリアの中でも、落ち着いた大人の雰囲気が漂う鎌倉・逗子・葉山。共通する魅力を紹介します。

都内までのアクセスが良い

JR横須賀線やJR湘南新宿ラインが利用できるエリアです。特に、湘南新宿ラインの始発は、JR逗子駅からも出ていますので、都内まで約1時間の道のりを座っていくことも可能です。都内へも通勤圏内なので、別荘地での暮らしと通勤を両立しやすい立地です。

都会と田舎のいいとこどり

洗練された都会的な雰囲気と、自然豊かで気取らない田舎的な雰囲気が混在しています。最先端のトレンドを取り入れたスポットがあるすぐそばで、緑豊かな自然や海風を感じたり、歴史的な街並みを眺めたりできる場所は、日本にもあまりないでしょう。その日の気分でドレスアップしてディナーを楽しんだり、自然の中で思い切り体を動かしたり、リゾート気分を味わったりといったことが叶う場所です。

おしゃれなお店

う鎌倉・逗子・葉山には魅力的なお店が多く存在します。手づくりのケーキ屋さんやパン屋さん、美味しいレストランやカフェ、おしゃれな雑貨店やアパレルショップなど個性的で雰囲気のいいお店が、枚挙にいとまがないほど多く集まっています。隠れた名店もたくさんありますので、お気に入りのお店を探しながら街を散策するのも、おすすめです。

鎌倉・逗子・葉山、それぞれの街の魅力

鎌倉・逗子・葉山は隣接しているため、ひとくくりに紹介されることも多いのですが、それぞれ別の自治体であり、異なる歴史や個性を持っています。それぞれの特色や魅力をご紹介します。

鎌倉

鎌倉は鎌倉幕府が開かれたことでも知られるとても古い歴史のある町です。歴史を感じさせる寺社が数多く残り、季節の花々を楽しみながら散策ができます。明治から昭和にかけては、各界の名士たちが好んで別荘を構えたため、文化度や品格が高い落ち着いた雰囲気をもつ街となりました。今でもこうした街の雰囲気は受け継がれており、多くの人が住んでいます。

交通は鎌倉駅からはJR横須賀線・新宿湘南ラインと江の島電鉄線(江ノ電)が利用できます。都心まではJR線で1時間ほどですが、グリーン車を利用すればほぼ座れるので移動中に仕事に集中することも可能でしょう。

鎌倉は人気のエリアのため、物件数が少なく地価は高め。駅近に物件を求める場合は、賃貸も視野に入れて検討するのがおすすめです。また、街の景観を守るため、住宅建築には鎌倉ならではの規制があります。購入前に十分に確認しましょう。

逗子

逗子は明治期から別荘地として愛されてきたエリアです。海沿いのエリアは別荘地として特に人気ですが、JR線や京急線が通り、首都圏や横浜へのアクセスが良好なため、移住地としても人気を高めています。

また、マリンスポーツの地としても知られ、逗子マリーナなどの施設があり、ヨットレースの大会が開催されています。海岸線から一望できる富士山や江の島の景色はまさに「リゾート」といった雰囲気です。

葉山

皇族の方々が過ごす「葉山御用邸」があることで全国的にも有名な別荘地である葉山は、高級住宅地でもあります。神奈川県内の中でも治安の良さはトップクラス。名門の進学校が通学圏内に多くあるので、教育に力を入れているファミリー層にとっても良い環境です。

葉山町に駅はありませんが、逗子市にある京急線やJR線の駅が利用できます。また、横浜駅への高速バスが運行しているので、近隣都市へと移動する際はそれらを利用すると便利です。

鎌倉・逗子・葉山での別荘・移住ライフを送るときの注意点

ここまで魅力についてご紹介してきましたが、生活をするうえでの注意点もあります。実勢に、暮らしを始める前に必ず確認しておきたいポイントをまとめました。

海に近いエリアは塩害対策が必要

相模湾に面したエリアですので、塩害は避けて通れません。車やバイク、自転車は外に置いておくと、あっという間に錆びが発生してしまいます。ガレージに保管することがおすすめです。

狭い道と渋滞

鎌倉・逗子・葉山は都心のような狭い道が多くあります。古くから人が住んでいるエリアなので、県道や国道以外は狭く入り組んでいる道が多く残ります。

葉山や逗子などは時間などで渋滞も多いので、下調べをしておくと安心です。また、緊急車両が通れない場所もありますので、物件選びの際はチェックしておくことをおすすめします。

早い時間にお店が閉まる

駅前などのお店は比較的遅くまで開いていますが、葉山など少し駅から離れた場所では20時~21時頃に閉店するお店も珍しくありません。都心に比べると早く終わる店が多いので、会社帰りに家の近くの飲食店を利用したいと考える場合は、注意が必要です。

湿度が高い

海沿いの地域独特の「海陸風」が、山から海から湿気を運んできます。そのため、湿気が多く洗濯物が乾きにくい場所があります。部屋干ししやすい家を検討するなど、対策しておくとよいでしょう。

虫が多い

自然が多く温暖な気候のエリアなので都市部より虫が多く出ます。突然出てくるムカデやゲジゲジ、ヤモリなどに驚かされることも日常茶飯事です。虫が苦手な方は予め対策をしておきましょう。

まとめ

昔から憧れの別荘地として、多くの人から愛されてきた「鎌倉 逗子 葉山」。品格があり、文化度が高い街の雰囲気は今でも、センスのある人々を魅了しています。

都心の近くにありながら、自然を楽しめ、さらにはここにしかない個性的なレストランやショップで食事や買い物を楽しむこともできます。あらゆる世代から人気の街で別荘・移住ライフをはじめてみてはいかがでしょうか。