山中湖への移住・田舎暮らし、別荘を検討している方に!山中湖の特徴や魅力を紹介

富士山に最も近い湖として知られる山中湖。景観のすばらしさと過ごしやすい気候で、長年にわたり観光地や別荘地として愛されてきました。

多くの人に愛される山中湖エリアの魅力と特徴をまとめました。別荘や移住を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

山中湖とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miwa Terashima(@tttt_aylor)がシェアした投稿

富士山の麓に点在する富士五湖。その中でも最大で最も富士山に近く、最も高い場所にあるのが山中湖です。相模川の源流でもあり、富士山の構成資産として世界文化遺産に登録されています。

山中湖を中心とした山中湖村は、標高1,000m程度の高原地帯で、夏でも涼しく観光スポットや保養施設が充実しています。美しい富士山の姿を間近で見れるだけでなく、雄大な山中湖を活かした水上レジャーも楽しめます。

山中湖の魅力

別荘地として山中湖が選ばれ続けてきた魅力はどこにあるのでしょうか。その理由にせまるため、山中湖の魅力についてご紹介します。

都心から最短1時間40分でアクセス

山中湖は都心から100㎞圏内です。中央自動車道を使えば、東京から山名湖まで最短1時間40分程度で到着します。東名高速を利用する場合でも、約2時間と気軽に訪れることができる距離感です。

また、新宿駅、東京駅、横浜駅などからは直通の高速バスが出ています。新宿からの所要時間は、約2時間15分です。

夏でも快適な高原地帯の気候

標高約1,000mある山中湖周辺では、夏でも平均気温が20℃前後と過ごしやすい気候です。都心では欠かせないクーラーが必要ない日もあるほど。さらには、富士山と湖、その周辺の山々の自然の四季折々の変化を間近で楽しめるのも、山中湖ならではの魅力です。

便利な別荘・移住ライフが叶う

山中湖周辺には生活に欠かせない大型スーパーやドラッグストアがあるので、普段の生活には不自由を感じません。また、観光地であるためカフェやミュージアムといった観光スポットが充実しています。自然と便利な環境が共存している、別荘や移住にとってこの上ない環境といえるでしょう。

山中湖周辺エリアの特徴

山中湖周辺は大きく4つのエリアに分けられます。それぞれの特徴をご紹介しますので、別荘や移住での生活を具体的に思い描いてみましょう。

長池地区

山中湖の北側のエリアで、緑豊かな丘陵地帯が湖岸の近くまで広がっています。民宿やペンションが数多くありますが、比較的静かなエリアです。富士山の正面に位置しているので、窓から富士山が眺められるという部屋も珍しくありません。

湖畔にある「長池親水公園」では、山中湖と富士山の雄大な風景が一望できます。一日を通して表情の変わる富士山を眺めるのも良いでしょう。公園には、駐車場が整備されているので、気軽に訪れることができます。

平野地区

山中湖の東に位置するエリアで温泉施設やスポーツ・レジャー施設などが点在しています。湖面が穏やかな時は、逆さ富士を見ることもできます。さらに、富士山の撮影スポットであるパノラマ台もあり、写真家たちに愛されています。また、高指山、石割山などのハイキングルートが整備されていますので、山の自然を体験できるでしょう。

旭日丘地区

朝日丘は山中湖の南側に位置し、ホテルやペンションなどが立ち並んでいます。リゾート地という言葉がぴったりの落ち着いた雰囲気のエリアです。湖岸近くには「旭日丘湖畔緑地公園」があり、遊歩道をのんびりと散策することも。

また、湖岸には、貸しボートやキャンプ場、レンタサイクル、水上スキーやウェイクボードなどのスポーツ・レジャーを楽しむ施設が充実しています。

山中地区

山中湖の西側にあり、ホテルや民宿、お土産屋やレストラなど観光向けの施設で賑わっているエリアです。貸しボートなどもありますので、気軽に観光気分を楽しめるでしょう。温泉などもありますので、のんびりと日ごろの疲れを癒せます。また、観光施設だけでなく山中湖村役場といった公共施設もあります。

別荘・移住ライフにおすすめ!山中湖エリアの別荘地

古くから別荘地として愛されてきた山中湖には大小さまざまな別荘地が点在していて、定住利用も可能です。代表的なものをいくつかご紹介しますので、別荘地選びの参考にしてください。

富士急山中湖畔別荘地

旭丘地区を中心に山中地区や平野地区にまで及ぶ、大規模な別荘地です。8つのエリアからなり、定住者に人気のエリアもあります。その歴史は古く、遡れば、大正時代に端を発します。広い敷地にゆったりと別荘が建っている様子は、歴史ある別荘地らしい風格を感じるでしょう。

この別荘地では、「貸与借地権」の区画が多いことも特徴です。土地を購入するのではなく貸与するので、所有することに比べて価格が安く、土地の固定資産税や不動産取得税がかかりません。所有にこだわらない人におすすめです。

山中湖グリーンタウン

約100区画ある別荘地で、1970年代に開発されました。山の斜面にあり、富士山と山中湖の絶景が望める場所が多くあります。また、南斜面なので日当たりが良く、雪解けが早いというメリットもあります。

別荘地には、ごみの収集所や管理事務所に常駐のスタッフがいるので、安心して過ごせるでしょう。全区画のうち、1割ほどが定住に利用しています。

山中湖高原別荘地 芙蓉台

山中湖の北東方面に広がる別荘地が芙蓉台です。1960年代に開発され、その総面積約51万㎡。大平山の山腹にある芙蓉台からは、富士山と山中湖の見事な絶景が堪能できます。

手厚いセキュリティも魅力で、別荘地入り口には、警備員がいる24時間ゲートが設置されています。また、テニスコート、温水プール、パッティンググリーンなどが設置されているので、滞在中に気軽に体を動かすことができるでしょう。

悠美ヶ丘

山中湖の北西方面にある借地権付きの別荘地です。別荘地からは富士山だけでなく花の都公園が見えます。公園では、四季折々の花が咲き、冬にはイルミネーションや花火などのイベントが開催されています。季節のイベントを身近に感じられるのもこの別荘地ならではです。

また、山中湖インターチェンジから近く、スーパーやドラッグストアも至近距離にあるため、生活の便が良いのも魅力のひとつです。

まとめ

富士山と山中湖の恩恵を感じられる山中湖エリア。自然の静けさ、観光地の賑わい、生活の便が良さを兼ね備えています。都心からも最短90分程度で来れるので、都心と行き来しながらの移住や別荘ライフにもぴったりでしょう。

都心からほど近い別荘地を検討されている場合は、山中湖も候補に入れてみてはいかがでしょうか。