中古住宅で後悔したくない!中古の住宅購入前におすすめのホームインスペクションとは?

「ホームインスペクション」という言葉をご存じでしょうか。日本語では、「住宅診断」「建物検査」などと呼ばれています。

アメリカでの不動産取引では一般的になってきていますが、日本ではまだまだ普及しておらず、よく知らないという人がほとんどではないでしょうか。しかし、日本でも国土交通省の主導でホームインスペクションに対する取り組みが行われており、今後は「ホームインスペクション」の普及が予測されています。

そこで、ホームインスペクションとは何か、そのメリットやデメリットなどについて紹介していきます。中古住宅の売買だけでなく、新築の購入の際にも役立ちますので、マイホームの購入を考えている人はぜひ参考にしてください。

ホームインスペクションって何?日本でもできるの?

ホームインスペクションとは住宅診断のことで、住宅の状態を専門家(ホームインスペクター)が第三者的な立場から診断することです。

外壁や基礎に表れている不具合の兆候や雨漏りの跡などを目視で確認・建物の状態を報告し、修理についてのアドバイスなどを行います。つまり非破壊で行う住宅の健康診断のようなものです。

住宅の欠陥がないか、メンテナンスはいつ頃必要かなど、住宅の売買の判断材料としてとても有効です。現在は、自宅のリフォームや売買の時に行うのが主流です。

日本での取り組み

日本でもホームインスペクションに対する取り組みが行われています。主に中古住宅に関するものですが、どの業者が診断を行っても適切な結果が出るように「既存住宅インスペクション・ガイドライン」という基準を設けました。これにより業者による診断結果に差が生じにくくなってきました。

さらには、2018年からは、中古住宅を取り扱う業者対して売主と買主へのホームインスペクションの説明を「改正宅地建物取引業法」で義務付けています。ホームインスペクション自体を義務付けるものではありませんが、説明が義務付けられることにより、認知度の向上が予想されます。

こうしたことから、住宅を購入する際にインスペクション済かどうかということが、大きな判断材料となっていくでしょう。

誰が、いつ、何を行う?ホームインスペクションのチェック内容やタイミングは?

住宅診断のプロ、ホームインスペクター

ホームインスペクターと呼ばれる「既存住宅状況調査技術者」の資格を持つ建築士が診断を行います。加えて、前述のガイドラインにはホームインスペクターは、守秘義務や第三者的な立場を守ることなどが定められています。そのため、住宅について、公正な立場で診断とアドバイスを受けられるので、安心して利用できるでしょう。

いつ行う?ベストなタイミングは?

注文住宅であれば内覧会、中古住宅であれば申し込み後、契約前がベストタイミングです。

注文住宅であれば、引き渡し前のタイミングで欠陥などに気付くことによって、追加料金なしで直してもらえる可能性が高くなります。住んでからこうした欠陥などに気付いたとしても、追加の工事費用がかかることがあります。

中古住宅の契約前であれば、問題があった場合には契約をせずに済みますし、修繕が必要となった場合は、その費用も購入資金として計画することが可能です。こうして事前に住宅の状態を知ることで、安心して住み始められるでしょう。

どこをチェックする?

ホームインスペクションでは住宅の目視できるすべての部分が検査対象となり、チェック項目は100以上もあります。検査は主に目視や計測で行われ、壁に穴を開けるといった大掛かりな検査がないことが一般的です。戸建てのホームインスペクションでは、2~3時間程度で完了するのが一般的です。

基本的な検査内容を大まかに分けると以下の通りです。

屋外

基礎・外壁・軒裏・屋根などにひび割れ、劣化、仕上げ材の問題がないか など。

屋内

床や壁の傾きやひび割れ・カビや水染み・仕上げ材の劣化、ドアや窓はスムーズに開閉できるか、電気配線や水回りの設備の動作に問題はないか など。

屋根裏

柱や梁の劣化・ひび割れ、雨漏り跡、断熱材 など。

床下

基礎の内側のひび割れ・劣化、カビや水漏れ、シロアリ、配管、断熱材 など。

ホームインスペクションをするメリット

安心して住宅の売買ができる

住宅の状態が正確に分かるので、安心して住宅の売買ができるのが最も大きなメリットでしょう。中古住宅はもちろんのこと、注文住宅の引き渡しの前にホームインスペクションを行うことで、素人では見過ごしてしまう欠陥や甘い施工などを発見することができます。欠陥などを事前に発見することで、修繕費用を節約できる可能性もあります。

将来的に必要なメンテナンス費用を把握できる

ホームインスペクターは現在の住宅の状況だけでなく、住宅の工法や間取りに合わせたメンテナンスについてもアドバイスをしてくれるでしょう。

あらかじめメンテナンス時期や内容・費用について把握しておき、適切に対処していくことで、長期間にわたって快適に住み続けることができるでしょう。

ホームインスペクションのデメリット

費用がかかる

ホームインスペクションをするには一般的に数万円から十数万円ほどかかるでしょう。住宅に対する安心を得られると思えば高くはないかもしれませんが、何度も行うとかなりの高額になってしまうので、タイミングや信頼できるホームインスペクターに依頼することが大切です。

ホームインスペクターごとに検査項目が異なる

基本的な検査項目はほとんど一緒ですが、業者によって異なる検査項目もあります。ホームインスペクションをすることによって、自分が不安に思っていることが解消されるのか、検査可能な項目を確認しましょう。

住宅の欠陥をすべて見つけられるわけではない

ホームインスペクションの調査は目視で行うことがほとんどです。そのため、すべての欠陥を見つけられるわけではないという側面もあります。

良いホームインスペクターと出会うポイント

家の購入や売却時に第三者として適格な診断・アドバイスをくれるホームインスペクター。

住宅は一生の中でも大きな買い物の一つなので、診断の差は少ないとはいえできるだけ良いホームインスペクターにお願いしたいものです。ホームインスペクションを依頼する際には、以下のポイントに気を付けて依頼先を選びましょう・

実績がある業者を選びましょう

日本ではホームインスペクションの歴史が浅いので、できるだけ実績がある業者を選びましょう。また、企業自体が建築や不動産、マンション管理といった多角的なコネクションを有している企業もおすすめです。

一級建築士の資格を保有しているか

建築について幅広く確かな知識を持っているかが、適切な判断を行うカギです。可能であれば、複雑な工法についてもより深く理解している一級建築士の資格を有するホームインスペクターに依頼すると安心です。

まとめ

ホームインスペクションは住宅を購入する際のリスクを軽減できる手段として有効です。中古住宅など劣化が考えられる住宅はもちろんのこと、注文住宅でも施工の不備などを入居前に見つけることが可能です。長い時間を過ごす住まいだからこそ、安心して暮らしたいものです。

日本でも少しずつホームインスペクションの認知度は上がっており、取り組む企業も増えてきています。住宅の購入をする際は、ホームインスペクションも一緒に検討してみてはいかがでしょうか。